Blog&column
ブログ・コラム

カーコーティングの際にムラができる原因

query_builder 2022/06/28
コラム
8
自分でカーコーティングを行った際に、ムラができてしまったという経験はありせんか。
コーティングを施した際に、どうしてムラが発生してしまうのでしょうか。
そこで今回は、カーコーティングの際にムラができる原因について解説します。

▼カーコーティングの際にムラができる原因
■塗装面の処理不足
コーティング剤を塗り込む、車体の塗装面の処理が不足していることが原因です。
塗装面にゴミ・ホコリ・傷が付いていると、しっかりとコーティング剤が塗装できずムラになってしまいます。
ムラを防止するためには、車体を洗い奇麗にするだけでなく、傷を補修しておくことが重要です。

■コーティング剤を均一に塗装できていない
車体に均一にコーティング剤を塗装できていない場合にもムラが発生します。
塗装するコーティングの量が多すぎる部分、または少ない部分の差がムラとなるのです。
使用するコーティング剤の量に気を配り、車体全体を包むコーティングの厚みが均一になるように注意して塗りましょう。

■拭き取りが足りていない
仕上げの作業である、拭き取りが足りていないこともムラの原因です。
拭き取りをしっかりと行うことで、コーティング剤が車体になじみムラの発生を防止できます。

▼まとめ
カーコーティングの際に発生するムラは、以下のような原因によって起こります。

・塗装面の処理不足
・コーティング剤を均一に塗装できていない
・拭き取りが足りていない

「自分でコーティングを行うといつもムラができる」という方は、一度プロの業者に依頼されることをおすすめします。
当社は、皆様の大切なお車の美しさを守るコーティングを多く行って参りました。
愛車へのコーティングをご希望の際は、ぜひお任せください。

NEW

  • ガラスコーティングの手順とは?

    query_builder 2022/08/08
  • 車の筋汚れの原因と防止方法とは?

    query_builder 2022/08/01
  • カーコーティング剤の種類とその特徴とは?

    query_builder 2022/07/28
  • カーコーティングの流れ

    query_builder 2022/07/25
  • カーコーティングを長持ちさせるコツ

    query_builder 2022/07/21

CATEGORY

ARCHIVE