Blog&column
ブログ・コラム

カーコーティングの耐久性について

query_builder 2022/07/17
コラム
13
「車のボディの輝きを保つには、カーコーティングが効果的だ」という話を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
カーコーティングを施すと、実際どれくらいの期間その効果が発揮されるのでしょうか。
今回は、カーコーティングの耐久性を、コーティング剤の種類別にご説明します。

▼【種類別】カーコーティングの耐久性
■油脂系
油脂系コーティング剤は従来のワックスと同様、手軽に施工できる反面、熱に弱く耐久性が低いコーティング剤です。
耐久性は、約2週間です。

■樹脂系
樹脂系コーティング剤は、化学化合物を原料とした、油脂系よりも少し高価なコーティング剤です。
ある程度持続性はありますが、花粉や黄砂・排気ガスなどの汚れは付着しやすいです。
耐久性は、約1ヶ月~2ヶ月です。

■ガラス系
ガラスコーティング剤は、ガラス成分を含んでおり、持続性が高く汚れの付着がしにくいコーティング剤です。
油脂性・樹脂製に比べて少し高価ですが、カーディーラーで施工でき、時間さえ確保できれば簡単に依頼できます。
耐久性は、約1年~2年です。

▼まとめ
カーコーティングの耐久性は、コーティング剤の種類によって異なります。
油脂系・樹脂系コーティング剤は、手軽に自分で施工できるのがメリットです。
耐久性は、油脂系で約2週間、樹脂系で約1か月間でしょう。
ガラス系は主に業者での施工になりますが、約1年間もつので耐久性が高いと言えるでしょう。
ご自身の車の利用状況・手軽さ・かかる手間など、総合的に考慮してコーティング剤選びをして下さいね。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE