Blog&column
ブログ・コラム

フロントガラスの油膜の原因とは?

query_builder 2022/09/08
コラム
22
雨の夜に車を運転していて「フロントガラスがギラギラと光って見えづらい」と感じた経験はありませんか。
これは、フロントガラスに油膜が付着しているためです。
今回は、フロントガラスの油膜について解説します。

フロントガラスの油膜の原因
■大気中の排ガス
フロントガラスの油膜の原因の1つが、大気中の排ガスです。
車が行き交う道路を走っているうちにフロントガラスに徐々に排ガスが付着し、油膜となって定着してしまいます。

■油分を含んだ雨水
道路には車から流れ出たオイルが付着していて、雨が降ると道路の側溝付近にたまります。
雨の日の夜にフロントガラスがギラギラしやすいのは、走行中に油分を含んだ雨水を巻き上げてしまうからです。
夜間の運転が多い方は、注意が必要ですね。

■ワックスの油分
車のボディを美しく保つために、ボディにワックスを塗布している方も多いでしょう。
雨が降ると、塗布したワックスが流れ落ちてフロントガラスに付着します。
ワックスは油分ですので、これも油膜の原因の1つです。

■劣化したコーティング剤
雨の日にフロントガラスの視界を良くする目的で、はっ水コーティング剤を使われている方も多いのではないでしょうか。
効果がある間は水を弾いてくれますが、劣化とともにコーティング剤が溶け出してしまいます。
その結果、ガラスにこびりついて油膜の原因になるというわけです。

▼まとめ
フロントガラスの油膜の原因には、「油分を含んだ雨水」「ワックス」 「劣化したはっ水コーティング剤」が挙げられます。
フロントガラスの油膜は安全な運転を妨げますので、対処しておきたいところですね。
臼杵市でカーコーティングを手掛ける当店では、フロントガラスのコーティングを行っております。
どうぞお気軽にお電話でお尋ねください。

NEW

  • 車の雨染みを予防するには?

    query_builder 2022/12/01
  • 車にワックスをかける頻度はどれくらいがベスト?

    query_builder 2022/11/22
  • 車のメンテナンスはどこでやれば良い?

    query_builder 2022/11/15
  • 車の臭いを何とかしたい時は?

    query_builder 2022/11/01

CATEGORY

ARCHIVE